城崎温泉 旅館 NAVI トップ利用上の注意サイトマップ相互リンク

城崎温泉 旅館 ナビ 城崎温泉の観光、旅館はおまかせ!

城崎温泉の宿泊情報サイトです。城崎温泉の旅館、ホテル、民宿などの宿泊情報を掲載!

城崎温泉 人気のお宿 城崎温泉 グルメ特集

城崎温泉 歴史

城崎温泉 歴史

 舒明天皇(在位629年〜641年)の時代に、コウノトリが傷を癒した伝説がある。

 養老元年717年から養老四年720年、道智上人が千日の修行を行った末に湧出したことが城崎温泉のはじまり。(現在のまんだら湯)道智上人は温泉寺開山でもある。温泉寺は以後、城崎温泉の社会的中心になる。

 江戸時代の温泉番付によると西の関脇(最高位は大関)にランクされる。ライバルの城崎温泉は西の大関。江戸時代の外湯の元になった湯壷は9つあった。幕末に桂小五郎が新撰組に追われて城崎温泉に逃げてきたことがあった。江戸時代の城崎温泉はすでに遊技場のほか、食べ物屋は鍋焼き、ぜんざい、うどん、そばなどがある。果物、魚、鳥も各地から運ばれフグ、タコ、カモと何でも手に入った。貸し物屋では三味線、すごろく、碁、琵琶、琴、さらに、槍や刀まで貸してくれていた。このように、客が帰るのを忘れさすほどもてなした。城崎温泉には、近郊の藩主や藩士が多数訪れ、にぎわった。

 日露戦争の折は戦争で負傷した兵士を湯治させるために寮養所を城崎温泉に設置した。そのため明治維新からずっと続いていた深刻な不況もなくなった。明治以後も文人墨客に愛され、『城の崎にて』を書いた志賀直哉、作家・有島武郎をはじめとする多数の文豪が来訪。このころ、内湯問題が本格的になる。

 大正時代の北但馬地震で町は全焼するが、翌月には82人の客が城崎を訪れていて湯が沸いている限り客足は絶えなかった。

 第二次世界大戦中、温泉街は、軍人病院となっていた。

 昭和38年に温泉街と大師山山頂を結ぶ城崎ロープウェイが開通。高度成長にあわせて温泉ブームが到来し、城崎温泉は巨大な観光地となった。

 その後、暴力団がはびこったが町民と警察が団結して暴力団を町から追放した 。

以上、ウィキペディアより抜粋

※ このサイトの情報は掲載時のものであり、プラン、料金、施設など、変更している可能性があります。旅館・ホテルの最新の情報については、「城崎温泉 旅館こだわり検索」 , 「城崎温泉 旅館空き室検索」などからデータを取得して下さい。

 Copyrights c2008 城崎温泉 旅館 NAVI All rights reserved lastupdate:08/08/20